1. HOME
  2. 焼酎用語集
  3. 灰持酒【あくもちざけ】

焼酎用語集

灰持酒【あくもちざけ】

製造の際に木灰を用いる醸造酒のこと。鹿児島では「地酒」(ぢざけ)、熊本では「赤酒」(あかざけ)と呼ばれている。木灰を加えるようになったのは、お酒に乳酸菌の一種である火落菌(ひおちきん)が混入し繁殖するのを防ぐため。温暖な南九州では、この製法が一般的になった。


戻る

人気の記事

  1. 焼酎とウォッカの違いは何?の画像
  2. 焼酎はロックで楽しむ!こだわりのポイントを解説しますの画像
  3. 焼酎とスピッリッの違いは何?の画像
  4. RTDとはの画像
  5. RTDとはの画像